デトックス、体内浄化、解毒、美しくダイエットにも体にもよく便利な情報をドンドン紹介!
プロフィール

detoxfan

Author:detoxfan
デトックスファン情報局へようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
DivaDetox(ディーバデトックス)5個+1個オマケ付きについて

DivaDetox(ディーバデトックス)5個+1個オマケ付き

DivaDetox(ディーバデトックス)5個+1個オマケ付き価格:16,092 円




反響が大きかったので改訂版を出しました その日、パパン[エンターテインメントと趣味|テレビ、ラジオ|ドラマ]反響が大きかったので改訂版を出しました その日、パパンが死んだ。 もしかしら、一週間前かもしれないが、わからない。 昨日、特別養護老人ホーム「輝きの家」から通知が来た。 「ご尊父、前田鏡蔵氏(84歳)がご逝去なされました。本特別養護老人ホームにて『輝き葬』を執り行いますので、出欠の有無をお知らせ下さい」 これでは何もわからない。 職場に行き、上司の文枝是人(ふみえだ・これひと)さんに休暇の許可をもらった。 「そうですか、ご尊父が亡くなられたのでは仕方がありませんね」 「私のせいではないんです」 私がそう言うと文枝是人さんは私が冗談を言ったと思ったらしく声を上げて笑った。 言い忘れていたが、私は円山市の市役所の水道課に勤めている。勤務してもう15年になる。近畿大学工学部修士課程を終えて、公務員試験を受けて入庁した。 私の父は東京の大学で海洋生物学を講じていたが、 65歳の定年を迎えて退職した。 退職後は私がしばらく父と暮らしていたが5年前、79歳で特別養護老人ホーム「輝きの家」に入所した。 私と二人だけの暮らしに飽いたのだろう。 わたしはそう思っていた。 私には母はいない。 母は私が五歳の時に私と父を置いて、若い男と出奔(しゅっぽん)した。 私は母親の顔さえ覚えていない。 生きているのかも知らない。 私は翌日の朝、スパゲッティ・ミートソースとお味噌汁で朝食を取ってから、円山市の駅前のバス停で高速バスに乗り込んだ。 私は白米は苦手でここ数年白米を食べたことがない。 最後に白米を食べたのがいつだったか考えてみた。 そして、父を「輝きの家」に入所刺せる日の朝にササニシキでおにぎりを握って父と二人で食べたことを思い出した。 「パパン、もっと食べろよ」 私がそう促すと父はもう一個無理をして食べたが、「輝きの家」に行く途中、車の中で吐いた。 私が白米を食べないことも父が「輝きの家」に入った理由のひとつだったのかもしれない。私がいつもスパゲッティ・ミートソースを食べているのを見ると父は顔を曇らせた。 もっとも、父との最後の朝食では私もおにぎりを一個食べた。 梅干しを入れて固く握ったおにぎりは塩辛かった。 特別養護老人ホーム「輝きの家」は円山市から車で三時間ほど離れた寂れた町にあった。 その町は猫町と言い、主要な産業は「輝きの家」と隣接した墓地とひなびた温泉だけだった。 私はその温泉に一度も入ったことがなかったが、猫が時々入りに来るらしかった。 私はバスに揺られて、特別養護老人ホ ーム「輝きの家」に着いた。 私はここに父を置き去りにした五年前に一度来たきりだった。 風景はその時とほとんど変わっておらず、建物が五年分古びただけだった。 七階建てでここに1000人のお年寄りと75人の介護の人が常時滞在していた。 ここに入る時、父は二千三百四十八万円の入会料を支払った。 月々、30万円の滞在費を別途支払ってもいた。 私は水道のことしか知らない人間だが、特別養護老人ホーム「輝きの家」はかなり儲かっているような気がした。 しかし、その金は父が自分の貯えから出したので私は口出しすべきことではない。 もしかしたら、父は私に「そんな高い施設に入るのはやめなよ、パパン」と言ってほしかったのではないかと、父を入所させてから何度か考えた。 しかし、私はそのことを言わず、父はこの建物の中で五年間を過ごして逝ってしまった。 私が特別養護老人ホーム「輝き家」に到着するとすでに父の「輝き葬」はは始まっていた。 シャンデリアが煌々と輝く催事場で四人の老人と一人の女が立って棺の前で神妙な面持ちで頭を垂れていた。 女は私の母であるらしかった。 昔、母がつけていた香水の匂いがした。 母は黒い喪服をまとい、化粧はしておらず、デトックス注射をしているのか、皺ひとつなかった。 残りの老人は父と「輝きの家」でしりあって親しくしていた老人であるらしかった。 父が勤務していた大学からは大きな花輪が届いていた。 父は文化功労者に選ばれるほどの学者だっただけに、こうした寂しい葬儀は私の胸を衝(つ)いた。 しかし、父はもう死んでいるのだから、こうした葬儀でも怒ったりしないことだけが救いだった。 父は気性が激しく、幼い頃、私がおいたをするとなんども平手打ちを食らわせた。 母が家を出ていったのも、父の気性の激しさが起因していたような気がする。 葬儀の後で、私は母と向かい合った。 「ママン、生きていたのか」 「ヒロキチ、お久しぶり」 私は久しぶりに名前を呼ばれた。 ふだんは職場では前田さんと呼ばれていた。 「今は何をしているの」 母は私に尋ねた。 「円山市の市役所で水道課に勤務しています」 私はありのままを答えた。 「そう」 母は言った。 私は母の居所を尋ねなかった。 母も言わなかった。 「輝きの家」の所長が私たちの対面の場にやって来て、こう言った。 「遺体の焼却に立ち合いますか」 そして、それが明日になることを告げた。 「私はこれで帰ります」おはようございます。 質問で母が朝は食べない方が良いと言いま[健康、美容とファッション|健康、病気、病院|病気、症状]おはようございます。 質問で母が朝は食べない方が良いと言います。 なんかデトックスがなんちゃらかんちゃらで土日は絶食しなくちゃいけないみたいな事言ってましたが本当ですか?デトックスという言葉がありますが、あれは主に体内から毒素を出[教養と学問、サイエンス|言葉、語学|英語]デトックスという言葉がありますが、あれは主に体内から毒素を出すみたいな意味合いがあるんですよね? じゃあ例えば何日かスマホやネガティブな人から距離を置くことは「デトックスしていた」とは言わない‥ですよね。 言うとしたらそのような造語が英語にはあるのですか? 知っている方いらっしゃったら教えてください!

スポンサーサイト

【2016.11.25】 未分類
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://detoxfan.blog62.fc2.com/tb.php/1300-96633f1c
PR

Wait for feeding...

RSSフィード
リンク

Copyright © 2005 デトックスファン情報局 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2